Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

海外ニュース

故スティーヴン・ホーキングの”最終理論”が明らかに!「宇宙は2次元ホログラムだ!」

更新日:

GDJ / Pixabay

スティーヴン・ホーキングが3月14日に生前に取り組んでいた最後の理論が明らかになった。ホーキングは最終的結論では、なんとこの宇宙は“2次元”であり投影されたホログラムであるかもしれないという理論に取り組んでいました。

ホーキング博士が最後に手がけていた論文「A Smooth Exit from Eternal Inflation?」「永遠のインフレーションからの滑らかな出口?」と題した宇宙起源に関するホーキングの最終理論を、4月27日に学術ジャーナル「Journal of High Energy Physics」で公式に発表された。

理論物理学者の多くは、ビッグバンに後の宇宙は一瞬にして膨張し、現在の状態に落ち着く前に拡大したと信じています。これをインフレーション理論と呼び、ホーキング博士はこの普及した考えに対する批判によって執筆が動機づけられたものであると同記事は主張している。この理論は近年好まれなくなり、実際には膨張は永遠に続き、無限に新たな宇宙を生み出して無数の宇宙が存在するという多元宇宙論のほうへと支持が傾きつつあるともいわれているのだ。それらの宇宙はそれぞれ独自の物理法則を持って、我々がいるこの宇宙は、その中のたったひとつの宇宙であることになる。

しかしながらホーキング博士は、アインシュタインの一般相対性理論と両立できないこの多元宇宙論に最後までなびくことはなかった。長年に渡って、彼は多元宇宙論を受け入れることについて恐怖に感じていたようだ。

参考:「Disclose.tv」膨張する宇宙マルチワールド(多元宇宙論)の可視化

膨張するマルチワールド(多元宇宙論)の可視化。

ホーキング博士の最後の論文は、これらの一般的な理論に応えて、おそらく宇宙がホログラムと考えられる可能性が高いと示唆した。“ホログラフィック理論(holographic theory) ”は、宇宙の3次元像は錯覚とみなされるべきであり、すべての情報が実際には2D表面から投影されることを意味する。そしてホログラフィック理論は、宇宙の成り立ちにおいてインフレーション理論とアインシュタインの一般相対性理論の両方と和解できる唯一の方法であると語る。宇宙がホログラムであるとは、時間も含め、私たちが三次元の現実として認識しているものを構成する情報が、二次元の表面に蓄えられているということだ。3D映画に例えることもできる。3D映画自体はホログラムではないが、平らな二次元のスクリーン上に三次元の物体があるような錯覚を作り出す。私たちが暮らす三次元宇宙に違いがあるとすれば、そこでは物体に触れることができ、私たちの視点からは”投影”が”リアル”であるということだ。 アインシュタインの一般相対性理論は、宇宙で起きている事象のほぼすべてを巨視的なスケールにおいては見事に説明しまが、その起源や量子レベルでのメカニズムを検証しようとすると綻び始めます。科学者は数十年もアインシュタインの重力理論と量子理論を統合しようと努めてきた。そしてホログラム宇宙の概念には両者をつなぎ合わせる可能性が秘められていると考える者もいます。

カトリーユ大学のルーベン大学(KTルーベン)のハートグ教授によれば、ホログラフィック理論は今後、数年間普及する可能性があり、"これは完全に理解されていませんが、驚異的なものであり、場面を完全に変える、数年の弦理論から来たホログラフィーの非常に正確な数学的概念だと語った。

参考 Disclose.tv

 

ヌルポあんてな

-海外ニュース
-, , , , , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。