Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

ロシアニュース

アリーナ・ザギトワ「将来的にコーチになりたい」と語る

投稿日:

日本の秋田犬保存会から秋田犬“マサル”をプレゼントされて大喜びのアリーナ・ザギトワ選手。

出身地であるウドムルト共和国に凱旋した際も歓迎され、故郷は大盛り上がりだったようです。

写真: @loulou_mayulia (Инстаграм)

フィギュアスケートのオリンピックチャンピオン、アリーナ・ザギトワは将来的にコーチになりたいと考えています。彼女はイジェフスクの氷の宮殿「オリンピック」の若手フィギュアスケーターのマスタークラスの後、ジャーナリストに語りました。

「将来、コーチになり、小さな選手に私の経験を与えたい」イゼフスクでは、初心者スケーターのマスタークラスを行い、子供たちに基本的な要素を指導しました。「正直言って練習するのは難しいが、すべての指導者がいい生徒になることを願っているので、彼らは常に耳を傾け、相互理解がなければならない」とアスリートは強調した。彼女によると、幼い子供の可能性を評価することは難しいが、彼女は今日、彼女と一緒に訓練を受けた人たちに「いつも誰かが撃つだろう」という自信を表明した。彼女の現在のコーチEteri Tutberidzeとの関係は、彼女は優しいと言われるが、従属対象。「すべて同じで、あなたが時間を費やして、彼女の大きな部分を占めている、まだそれはコーチとしてもどこかお母さんとして、友人としてでもある」ザギトワは、アスリート、結果重視、自分自身だけを信じてはいけませんが「すべてに同意しないように、コーチを信頼しています。」と語った。

引用先:TASS

アリーナ・ザギトワ  プロフィール

instagramより

国籍: ロシア
生年月日: 2002年5月18日(16歳)
出生地: イジェフスク
身長: 156 cm

イジェフスク生まれ。タタール系の血を引いている。父親はアイスホッケーのコーチで[1]、妹サビーナもフィギュアスケートをやっている。名前のアリーナは、ロシア新体操の名選手で2004年アテネオリンピックの金メダリストのアリーナ・カバエワに由来する。憧れの選手はカロリーナ・コストナーとエフゲニア・メドベージェワ。
リラックマがお気に入りで、ジュニア時代にプレゼントしてもらったコリラックマのティッシュカバーを愛用している。また、2016グランプリファイナルでプレゼントの袋を持っていた羽生結弦に一つくれないかとお願いしてプーさんのぬいぐるみをもらったことがあり、部屋に飾っている。また、坂本花織にはスヌーピーのぬいぐるみをおねだりし、もらったことがある。日本料理が大好物であると語っており、世界ジュニア選手権優勝のお祝いに祖母が寿司ロールを買ってくれると約束してくれたという[7]。将来の夢は日本食レストランを経営すること。箸の使い方は父から教わった。
引用先:wikipediaより

アリーナ・ザギトワの Instagram
https://www.instagram.com/azagitova/

アリーナ・ザギトワのВКонтакте(ロシア版facebook)
https://vk.com/id165909936

 

 

-ロシアニュース
-

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。