Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

健康ニュース

食用の重曹、がん治療の助けになる可能性

投稿日:

evitaochel / Pixabay

重曹(炭酸水素ナトリウム)は化学療法の効果を高めてがん治療の助けになる可能性があると、米ラドウィックがん研究所の研究チームが明らかにした。EurekAlertが報じた。
腫瘍が大きくなると、大量のがん細胞は血管系から切り離され、薬品からも隔離される。がんには酸素が届かずに酸性度が高まる。重曹は酸性度を中性に戻すことができるとチームは指摘する。
チームは実験で、がん細胞をマウスに移植した。マウスは酸性度が高くなったため、活動量が下がり、治療の効果が弱くなった。マウスの水に重曹が加えられると、酸性度が通常になり、がん細胞が活発になった。こうして腫瘍は化学療法の影響を受けやすくなった。
EurekAlertによると、論文著者は「アイデアは非常に単純。これは年10万ドルかかる薬ではない。これは文字通り、ただの食用炭酸水素ナトリウムだ」と強調する。引用先:スプートニク日本

重曹は酸性度を中性に戻すことができるので、あらゆる病気の原因を減らすことができると思います。
毎朝小さじスプーン1杯の食用重曹を飲むと良いでしょう。
私の父は肝臓の数値GOT/GPTが300以上になりましたが重曹を飲み始め数値は1ヶ月で半分の150IUまで下がりました。(健康な人はHA35IU/l以下)重曹は塩分が多いので高血圧の方は医師と相談してください。

医学人気ブログランキングへクリックお願いします。

ヌルポあんてな

-健康ニュース
-,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。