Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

国内ニュース

【紀州のドンファン事件】家政婦が証言「ドンファンは私の娘にまで…」「紀州のドン・ファン」胃はほぼ空 覚せい剤は食べ物以外に?

更新日:

和歌山県田辺市の実業家で“紀州のドン・ファン”と呼ばれた会社社長の野崎幸助氏(享年77)が自宅で急死し、遺体から大量の覚醒剤成分が検出された事件。警察は、22歳の妻・Sさんと家政婦の東京の自宅を捜索し、和歌山の野崎さん宅の庭に埋められていた犬を掘り返して死因を調べるなど、捜査を進めている。各メディアの取材に「私は覚醒剤なんて飲ませていない」と語っている家政婦に、電話で話を聞くことができた。すると、意外な言葉が飛び出した。

──家宅捜索が行われています。
「なんで、こんなに長いこと(家宅捜索を)やるのかね。私はなんにもやってないし、なんにも出てきませんよ。それをウソ発見器までかけてねえ。でも、潔白は主張しないといけない。きちんと説明しなくちゃいけないと思う」

──野崎さんとの出会いは?
「銀座や六本木で働いた後、小さな店をやっている時に知り会いました。そのうち、社長の東京でのお仕事のお手伝いをするようになりました。家政婦は、社長から頼まれて始めたんです。昔からの知り合いの私を頼っていた」

──普段の野崎さんは?
「やはり若い子ばかりを好んでいました。昔、私の娘にまで手を出そうとして、それで怒ったこともあるんです。10数年前でしょうか。娘がまだ高校生だった時です。お伊勢参りに行くということで、うちの娘を誘ってくれたんですよ。それで、娘と3人で行くことになったんですが、その当日、私を置いて娘と2人で朝から行こうとしていました。車に乗せていこうとしたのをつかまえて『うちの娘になにするつもりだ』って怒ったんですよ。社長は謝っていましたけど、私たち親子はそのまま帰りました」

 そう一気にまくしたてた。そんな経験を持ちつつも、家政婦の仕事を続けていた彼女。今となっては、野崎氏に真相を確認することはできない。

引用先:NEWS ポストセブンより

竹田純代 プロフィール

名前:竹田純代
生年月日:1952年頃
年齢:66歳(2018年6月4日現在)
家族構成:娘
職業:秘書兼家政婦
前職:六本木のホステス
住所:東京都港区六本木
旦那:元旦那は覚せい剤で2~3回逮捕歴ありと報道される。
日当:1万円から(亡くなる直前1万5千円になった)

ドンファンとは30年来の付き合いということで、8ヶ月ほど前、つまり2017年10月頃から野崎さん宅で家政婦を始めたとのこと
1ヶ月に10日ほど泊まり込みで働き、身の周りのお世話やご飯を作ったりしていたそうです。
娘がドンファンに手を出されそうになり激昂した。
覚醒剤は2階鏡台の引き出しで見たと証言。

 

「紀州のドン・ファン」胃はほぼ空 覚せい剤は食べ物以外に?

「資産家男性の不審死をめぐり、男性の胃の中が空だったことがわかり、警察は、食べ物に覚せい剤が混入された可能性は低いとみて調べを進めている。

5月24日、野崎幸助さん(77)が自宅で死亡しているのを妻と家政婦が見つけた。

死因は急性覚せい剤中毒で、警察は、覚せい剤を口から摂取した疑いがあるとみて捜査している。

その後の調べで、野崎さんの胃の中はほぼ空っぽだったことがわかった。

覚せい剤が食べ物に混入していた場合、覚せい剤の成分と一緒に消化しきれていない食べ物も見つかるとみられることから、警察は、覚せい剤が食べ物に混入していた可能性は低いとみている。

関係者によると、野崎さんは夕方にビールを飲むのが日課だったという。

一方、野崎さんと交流があったデヴィ夫人は9日、以前、野崎さんが「家政婦に財産を残す」と話していたことを明かした。

デヴィ夫人は「『彼女(家政婦)とその娘には4,000万円残すと遺書(遺言書)に書いてある』と、わたしの目の前で彼女(家政婦)のことを言っていた」、「だから、わたしは遺書(遺言書)があるのではないかと思っている」と話した。

また、野崎さんが亡くなる18日前に急死した愛犬について、警察は、自宅の庭に土葬されていた死骸を掘り起こした。

それほど腐敗が進んでおらず、鑑定できる状態だということで、警察は、覚せい剤などを飲まされた可能性がないか調べを進めている。?

引用先:FNNより

これまでのまとめ

■ドンファンの死因は「急性覚醒剤中毒」という事実が判明。
■新婚3ヶ月 55歳年下の嫁、本名は須藤早貴(すどうさき)で特定、過去にAV出演の過去あり。
■AVが原因でドンファンと離婚話、慰謝料の話まで出ていた。
■嫁の須藤早貴は見栄っ張りで嘘つき金遣いが荒くて、ホスト遊びでも有名な経歴。
■ドンファンの家政婦 竹田純代さんの元旦那は覚せい剤で2~3回逮捕!
■ドンファン愛犬イブちゃんの裏庭の墓が掘り起こされ検証中
■妻は毎月100万円もらったら『美味しい話』と感じる結婚

■妻は「イブちゃんは火葬すべきと主張 」
■野崎氏の胃はほぼ空 覚せい剤は食べ物以外に?

名前:野﨑早貴(のざきさき)

旧姓:須藤早貴(すどうさき)

愛称:さっちゃん

年齢:22歳

生年月日:1996年2月

職業:モデル(主に中国で活躍)

職歴:セクシーモデル女優、愛人業、高級デートクラブに登録

出身:北海道札幌市

自宅住所(和歌山):和歌山県田辺市朝日ケ丘

自宅住所(東京):東京新宿のマンション

実家住所:北海道札幌市

旦那:紀州のドンファンこと野崎幸助さんと2018年2月に結婚

高校:公立高校

学歴:札幌市の美容専門学校卒業

学校名:札幌ベルエポック美容専門学校の美容師科

高校時代は地味で目立たない子だったが、専門学校に入ってから札幌すすきののホストクラブで遊ぶようになって金遣いも荒くなってきた。

家族構成:さっちゃんの母親は取材に対応済み(父親、母親、姉、弟)の5人家族で3人兄弟(3つ年上の姉と、2つ年下の弟がいます)

両親の仕事:医療関係(会社員)

趣味:海外旅行

 

DMMより

-国内ニュース
-, , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。