Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

国内ニュース

【千葉松戸女児殺害】死刑求刑、被告「無罪でございます」

投稿日:

千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年のベトナム国籍レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が殺害された事件で、殺人と強制わいせつ致死、わいせつ目的略取・誘拐、死体遺棄の罪に問われた同小の元保護者会長渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判が18日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)であり、検察側は「冷酷で悪質、残虐な犯行。更生の可能性はない」と死刑を求刑し、結審した。判決は7月6日。

 死亡した被害者が1人の事件での死刑求刑は異例で、裁判員は重い判断を求められそうだ。

 渋谷被告は審理の最後に「私は無実、無罪でございます」と改めて起訴内容を否認。「架空の事実を述べたり、証拠を捏造(ねつぞう)したりして腹立たしい」と捜査を批判した。

 検察側は論告で、被告が無罪を主張し続けている点を重視。「被告に反省の態度はない。異国の地で殺害されたリンちゃんの気持ちは察するに余りあり、動機は身勝手の極みだ」と述べた。「保護者会長の立場にあり、非難の程度は格段に高い」とも強調した。

 被告の軽乗用車内にリンさんの血液が付着した経緯やDNA型鑑定の信用性についても、血液は広範囲から検出されているとして「通常の乗車ではなく、犯行時に付着した」と指摘。「DNA型鑑定で不正は行われておらず、信用できる」とした。さらに「行方不明当日の行動に関する供述は関係者の証言と矛盾しており、信用できない」「リンちゃんとは顔見知りで口封じの必要もあった」と主張した。

 弁護側は最終弁論で「鑑定時に、被告のDNAが意図的に混入されたといった疑いが否定できない。軽乗用車の血液は事件前に付着した可能性があり、無罪だ」と反論した。

 リンさんの父親レェ・アイン・ハオさん(35)ら遺族は18日も傍聴。遺族側の弁護士は量刑に関する意見を「私たちと同じ苦しみを味わう家族は出てほしくない。死刑判決を求める」と述べた。

 論告などによると、昨年3月24日、登校中のリンさんをわいせつ目的で軽乗用車に乗せて連れ去り、車内でわいせつな行為をした上、首を圧迫して窒息死させ、同県我孫子市の排水路脇に遺棄したとしている。
母親グエン・ティ・グエンさん(31)は記者会見で「家族はずっとつらかった。判決は一番厳しい刑、死刑をお願いします」と述べた。

 父親レェ・アイン・ハオさん(35)と共に傍聴し、閉廷後に会見。グエンさんは法廷でおえつを漏らした理由を「リンを思い出し、胸が痛くつらかった」と通訳を介して説明した。
引用先(共同)

 

渋谷恭正 プロフィール

渋谷恭正被告 産経新聞より

本名 渋谷恭正(しぶややすまさ)
生年月日 1971年4月14日
出身地 千葉県松戸市
家族構成 嫁、子供2人(息子、娘)
職業 自称・不動産賃貸業(小学校のPTA会長)
Facebook https://www.facebook.com/yasumasa.shibuya

二十数年前16歳のフィリピン人女性と結婚し、子供ができたが離婚。子は妻に引き取られた。
2007年に中国人の女性結婚。2人の子をもうけたが2014年離婚。
東南アジア系の女と同居し、2人の子育てをしていた」

 

 

被告の愛車から大量のアダルト器具、そして自宅からは児童ポルノDVDが押収されていた!

■用水路に遺棄された、女児の全裸遺体

2017年3月24日、被害者女児の自宅周辺で、女児を所有していた軽乗用車に乗せて連れ去り、車内でわいせつな行為をしたうえ、ネクタイで首を圧迫し窒息死させた。「排水路に遺棄されていた遺体は、口から血が流れていた。肉眼では身体に精液などは確認されなかったが、性被害を受けたことはひと目で分かった」と刑事は語った。

検察側は、軽乗用車のマットなどに付着した血液と、車内にあったあったネクタイから被害者女児と同じDNA型が検出されたことを指摘した。

■キャンピングカーからは66点もの証拠品 バイブにSM道具

同被告が所有していたキャンピングカーからは66点もの証拠品が押収され、その中にはSMプレーの道具が含まれていたのは本紙昨報通り。詳細はグロテスクだ。スプレッターバー(開脚を保持する器具)、ニップレッシャー(乳首を吸引する器具)や、アナルストッパー(肛門を拡張する器具)などマニアックな道具だ。さらには革製や金属製、ヒョウ柄など複数の手足錠なども。

■家宅捜索で、段ボール20箱分のロリコンビデオを押収

千葉県警は段ボール20箱分のアダルトビデオを押収。それらは東南アジアの幼女や小中学生をターゲットにしたもので、児童ポルノ法に違反するものも購入していたとされていた。

■被害者女児の司法解剖を行った教授からは…

「左右の上肢、下肢には帯状の表皮剥奪があった。膣や肛門には棒のようなものを挿入した時などにできる出血があった」

との証言があったという。また、検察側からは女児の遺体に腹部から採取した試料から唾液と血液の成分が採取されたと証言。
同じ試料のDNA鑑定ではリンさんと渋谷被告の2人分のDNA型が検出されている。
主任は「DNAが出ているのに血液、唾液がどちらの持ち主のものでもないとは考えにくい」と、渋谷被告の唾液である可能性に言及。
唾液は顔、左右の耳、左右の胸、腹部、下腹部から検出された。

■渋谷被告、トンデモ供述のうえ「無罪主張」
渋谷被告による残忍な犯行を決定づける、様々な証拠や証言があがっているにも関わらず、渋谷被告は起訴内容に対し…

「全て違います。検察官の主張は架空で捏造であり、私は一切関与していません」
渋谷被告は事件への関与を否定しつつ「見守り活動をしていたのにリンさんを守ることができなくて、すみませんでした」と涙声で遺族に謝罪した。 起訴内容を否認。無罪を主張しているという。

現場周辺で未解決事件が多発!四件の疑われる余罪とは?

1・児童福祉施設ボランティアをしていた時の幼児への暴行未遂事件。

2・2003年7月 ヨルダンハーフの佐藤麻衣ちゃん(当時15歳)が板東市のほぼ隣の茨城県五霞町の用水路脇で絞殺された状態で発見。

3・2004年6月 茨城県板東市の利根川沿いの排水路脇で平田恵里奈ちゃん(当時16歳)が絞殺された状態で発見。

4・2012年5月19日にフィリピンハーフの大川経香(9)が行方不明。15年前、渋谷恭正も北海道から帰ってその周辺に住んでいたはず。

感想

今回のリンちゃんの事件も含め、この四件の事件の共通点は
・全ての事件が狭い地域の中で起きている
・遺体は絞殺され用水路や排水路脇で発見
・被害者が幼い少女
・行方不明の大川経香ちゃんを含めると4人中3人がハーフ

前代未聞も幼女誘拐殺害連続事件に発展するかもしれません。
全て幼い少女を狙った卑劣な犯行ということですから、その他にも余罪が多くのあるのではと思います。
全く胸糞が悪い事件で、状況証拠があるのに未だに嘘を繰り返す被告には、まだ隠したい過去があるように思えてなりません。

ネットの反応

4名無しさん@1周年2018/06/18(月) 17:55:14.96ID:vzeiByji0
死刑は判決後一週間以内に執行すべき。

5名無しさん@1周年2018/06/18(月) 17:55:47.95ID:mbIrbJ080
俺からも死刑頼むわ

11名無しさん@1周年2018/06/18(月) 17:57:13.31ID:mbIrbJ080>>37
>>9
全身に犯人の唾液がついてたのに冤罪も糞も無いだろ

23名無しさん@1周年2018/06/18(月) 18:12:56.92ID:Q1a4L4oK0>>52>>55
余罪はあったのなかったの

-国内ニュース
-, , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。