Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

芸能ニュース

【薬物ドラックストアー】AV女優の麻生希、妊娠発覚…赤ちゃんは薬漬け!?

投稿日:

2016年、2018年と二度にわたり覚醒剤など大量の薬物で逮捕されたAV女優の「麻生希(本名:島崎彩・しまざきあや)」の妊娠が、2月20日に一緒に逮捕された交際相手で覚醒剤取締法違反(所持・使用)で逮捕された無職、高畑愛平被告(27)の裁判で発覚しました。この法廷で情状証人として出廷した高畑被告の父親(62)の口からも驚きの事実が明らかに。

「愛平は『自分に子供ができた』と言っていた。相手は彩さん。島崎彩さん。『おなかに子供がいて、9月17日に生まれる。名前も考えていて、一緒に結婚して生活したい』という内容でした。『僕はこれから覚醒剤をしない』と言っていた」(父親の証言)

予定日から逆算すると、昨年の12月25日前後にできた命だ。2人は交際を一度解消するも、ヨリを戻して昨年10月から事件現場のアパートで同棲を開始して、同時期にすでに2人で覚醒剤を購入し同棲していたアパートは、まるで“違法ドラッグストア”だったにもかかわらず、だ。出産予定は9月というが…子供は大丈夫なのだろうか?2月に逮捕されるまでの期間を考えると妊娠期間の2ヶ月間は覚醒剤など薬物漬けだったことだろう。

違法ドラッグストアの自宅からは

コカイン含有の粉末 約18.787グラム

合成麻薬MDMAを含む粉末 約1・216グラム、

乾燥大麻 約5・215グラム

罪名に麻薬取締法違反大麻取締法違反が追加。これらについても「事実です」と認めた。

覚醒剤の購入・使用などの管理において2人は共犯関係

他の薬物に関しては麻生被告の関与は低いという。

高畑被告の検察官調書によると「コカインは密売人から100グラムの単位で仕入れたもの。代金は100万円」

「コカインは知人と半分ずつお金を出し合って計100グラム購入し、50グラムに分けて自分で使おうとして残ったもの」

麻生被告は、コカイン購入代金を払っていないものの、購入時に自分の口座を提供した。

押収された覚醒剤は使用回数にして1900回分!

検察官の取り調べに麻生被告は「覚醒剤は自由に使っていいよと言われていた。コカインは使っていいとまで言われたことはない。コカインが送られてきたときに、1回だけお試しで被告人に勧められて使っただけ」と話している。

MDMAと大麻に関して、麻生被告による使用や存在への認識は否定されている。

ただし、違法薬物は地下1階のベッド周辺のケースなどに覚醒剤の小袋とともに収納されていた。同じ場所にあったのなら、存在に気付いていてもおかしくないだろう。また、起訴されていないものの、幻覚剤「DMT」を含有する粉末も発見されている

麻生被告の公判予定は5月9日から計3回も期日取り消しとなっている。いまだ始まらない裁判も、妊婦の体を気遣ったと考えれば納得がいく。

すでに保釈された麻生被告5月21日、ツイッターで「大きく傷く(原文ママ)こともありますが恥じる人生を歩んだと思っておりません。今後何があろうとも、それが私の人生と受け止め日々過ごしたいと思います」と投稿している。

現在の麻生希twitterより

【名前】:麻生希(あそうのぞみ)
【本名】:島崎彩(しまざきあや)
【出身】:東京都
【生年月日】:1984年12月20日
【年齢】:33歳
【身長】:170cm
【スリーサイズ】:B89-W58-H89cm
【血液型】:A型
【犯罪歴】
・2016年6月20日、麻薬及び向精神薬取締法違反容疑で逮捕。
 同年7月25日に懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決。
・2018年2月20日 覚醒剤取締法違反(所持・使用)で再逮捕、現在裁判中

・Twitterを再開中

instagram

https://www.instagram.com/asou.nozomi/

交際相手で覚醒剤取締法違反で逮捕された無職、高畑愛平被告

名前:高畑愛平

年齢:27歳

出身:不明

職業:不明
facebookアカウント

https://www.facebook.com/Ai.question

 

子供は大丈夫なのか!? 

以前、アメリカでは『産まれたばかりの男児が仮死状態。その男児の体から、ヘロインの反応が出た。』などのニュースがありました。」

母親の母体からへその緒や胎盤を通じ、赤ちゃんが薬物中毒になっていました。

アメリカでは薬物に溺れた赤ちゃんが14分に一人産まれているという事実があります。

日本でも、男児が産まれてすぐに仮死状態だったため、医師が男児の尿検査をしたところ、覚せい剤の陽性反応が出たのです。

母親は「陣痛に耐え切れなくて出産日にも覚せい剤を(注射器で)打った」と供述しています。

妊娠中に使用した場合

コカイン以外の薬剤なら妊娠に気づいた時点で薬を止めればあまり問題ないでしょう。
たとえば、アンフェタミン、ヘロイン、LSDの類などを妊娠初期に使用しても先天奇形の赤ちゃんがうまれる頻度は普通の人と変わりません。
ただし妊娠中続けると胎児の発育に影響します。
コカインの場合、特に妊娠初期以降使用を続けるとお母さんも心筋梗塞や痙攣発作を起こして死ぬことがあります。
コカインは他の薬と違って胎児にいろいろな影響がでます。
胎児に脳梗塞、心臓の奇形、腎や性器の奇形などが起こる可能性が高まります。

麻生被告はコカイン使用も疑われますので胎児に脳梗塞、心臓の奇形、腎や性器の奇形などが起こる可能性が高まるそうです。

コカイン使用容疑で2015年に警視庁に再逮捕されたアイドル女優・高部あい(本名・中山あい)も逮捕後に警察の検査で妊娠していることが発覚。処分保留のまま釈放された。ちなみに高部あいさんは、当時付き合っていた実業家のことをクソ呼ばわりし「あんな男の子供が産めるか!」と子供をおろした過去があります。

妊娠中にコカインを使用した母親から生まれた子供は「コカインベビー」「クラックベビー」と呼ばれ、特に妊娠初期の使用は胎児に最も有害であるとされ、流産のリスクも増加する。また産まれた子供も精神遅滞脳性麻痺など、生涯にわたる障害のリスク増大に直面しやすく、日本薬学会のホームページでは「被刺激性が高い、落ち着きがない、食物を摂取しない、呼吸や心拍数が速い、睡眠が不規則になるなどの影響がみられる」。神奈川県警も「脳の異常、体の発育不全などの症状がみられ、生まれても集中治療室からなかなか出られない場合もあります」と注意を促がしている。

高部あいさんは、コカインと将来を相談していた弁護士の酒井将さんと結婚し妊娠2018年春には出産予定とありますので、無事に元気な子供を産んだことでしょう。

 

-芸能ニュース
-, , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。