Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

国内ニュース

横浜・大口病院の点滴中毒死事件、看護師の久保木愛弓を殺人容疑で逮捕!戦後最多50人大量殺人事件に発展か?顔画像も判明!

更新日:

おととし横浜市の病院で点滴の薬剤などに異物が混入され入院患者2人が中毒死した事件で、警察は当時、勤務していた31歳の元看護師の女が点滴に消毒液を入れたと認めたことなどから、死亡した2人のうち1人に対する殺人の疑いで逮捕しました。警察は取り調べを進め動機や詳しいいきさつを調べることにしています。

逮捕されたのは横浜市の元看護師、久保木愛弓容疑者(31)です。横浜市神奈川区の旧「大口病院」では、おととし9月、同じ病室に入院していた西川惣藏さん(当時88)と八巻信雄さん(当時88)が相次いで中毒死しました。

2人の遺体などから、消毒液などに含まれる「界面活性剤」が検出されたたため、警察は、何者かが点滴の薬剤などに消毒液を混入させた殺人事件として捜査していました。

その結果、当時、看護師として勤務していた久保木容疑者が点滴に消毒液を入れたと話したことなどから、2人のうち西川さんに対する殺人の疑いで逮捕しました。

捜査関係者によりますと調べに対し容疑を認めているということで、警察は取り調べを進め動機や詳しいいきさつを調べることにしています。 引用:NHK

犯人は看護師の久保木愛弓 31歳!20人以上殺害したと供述!

【名前】:久保木愛弓
【年齢】:31歳
【職業】:看護師
【住所】:横浜市鶴見区

きのうの久保木容疑者(任意聴取後)

 

犯人の看護師は20人以上の不審死に関与?

現在31歳ですから、事件当時は29歳だったと思われます。
やはり当初から怪しいとされていたA子さん「久保木愛弓」は当時29歳 独身女性だったことが濃厚です。

2017年に新聞のインタビューに複数回答していました。

「犯人が早く捕まってほしい」
「自分が犯人といわれて悲しい」

防犯カメラをつけてほしいなど自分が犯人ではないことを主張していました。

 

戦後最多50人大量殺人事件に発展か?

以前から様々な異変があったようです!
起きた不審な出来事は以下の3件です。

2016年4月:室内にかけた職員のナース服のエプロンがボロボロに切られていた。
2016年6月20日:カルテが数枚紛失し、一部が積み上げた医師の資料の中から発見された。
2016年8月初旬:職員が持ち込んだペットボトル飲料に穴があいており、漂白剤らしきものが混入されていた。

一部の報道によると、事件のあった大口病院の4階の病棟では2016年7月から9月までの3ヶ月に入院していた患者のうち、約50人が立て続けに死亡していた事実がある。
そのため看護師からは『4階は呪われているんじゃないか』ということが噂される程だったようです。

最初の通報者はTwitterでアカウント名(FUSHICHOU)

この通報者は「FUSHICHOU」というアカウント名で、事件の起こる1ヶ月前に大口病院で異変が起こっていることをツイートをしています。大口病院に勤務するイジメを受けていた看護師の夫で介護福祉士をしている人物だとされています。

インタビューを受ける「FUSHICHOU」

ネットの反応

5名無しさん@1周年2018/07/07(土) 18:50:40.35ID:d2Ycnus+0
TBSでも顔きたけど
しじみ目だな

10名無しさん@1周年2018/07/07(土) 18:50:55.23ID:5c2N+cLc0
久保木愛弓
不美人にも程がある。

26名無しさん@1周年2018/07/07(土) 18:51:38.85ID:RsOf79JF0
また死刑候補かよ
吊るしても吊るしても次々湧いて来るな
ほんとこいつらのためにいくら税負担してんだろ

 

バンバンアンテナ

-国内ニュース
-, , , , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。