Warning: Use of undefined constant TABBER_TABS_DIR - assumed 'TABBER_TABS_DIR' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/global-news/www/wp/wp/wp-content/plugins/tabber-tabs-widget/tabber-tabs.php on line 31
【オウム真理教】麻原彰晃こと、松本智津夫元死刑囚の遺体の引き渡しを巡り争奪戦!
Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/global-news/www/wp/wp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

国内ニュース

【オウム真理教】麻原彰晃こと、松本智津夫元死刑囚の遺体の引き渡しを巡り争奪戦!

更新日:

遺体が教団から派生・分裂した団体の信徒にとって、信仰対象になり神格化されることへの懸念を強めていてことを警戒している。

死刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃こと、松本 智津夫元死刑囚が生前、「遺灰を四女に」と、死刑執行後の遺体の引き渡しについての意思を示していたことが、FNNの取材でわかった。松本元死刑囚は、遺書は残していなかったが、関係者への取材で、松本元死刑囚が東京拘置所に収監中に、口頭で「遺灰を四女に」と、死刑執行されたあとの遺体の引き渡しについて、意思を示していたことが新たにわかった。
松本元死刑囚の四女と弁護士は7日午後、東京拘置所を訪れ、松本元死刑囚の遺体や遺灰の引き取りについての手続きを行ったとみられる。
また、四女は6日、弁護士を通じて「わたしの実父、松本 智津夫が迷惑をおかけした被害者の方らにおわび申し上げます」とコメントしている。
遺体の引き取りをめぐっては、公安当局は遺体が神格化されることへの懸念を強めていて、家族の誰が引き取るのか、動向を注視していた。
引用先:FNN

松本元代表の遺体、妻ら引き渡し要求 「遺骨は金庫に」

 死刑が執行されたオウム真理教の松本智津夫元代表(63)の妻らが7日、東京拘置所に安置されている遺体の引き渡しを求めて、上川陽子法相と同拘置所長あての要求書を提出した。一審で、松本元代表の主任弁護人を務めた安田好弘弁護士が明らかにした。

 要求書は妻のほか、6人の子どものうち長女と四女を除いた4人の連名という。6日に死刑が執行された松本元代表の遺体について「極秘の安置所に安置し、葬儀などの儀式はせずに弔い、遺骨は金庫に厳重に保管管理する」としている。また、拘置所側の担当者が松本元代表が他の人を遺体の引き取り人に指定したと説明しているとしたうえで、「精神状態からすればあり得ないと考えている」と反論している

 死刑囚の遺体の引き取り先は、死刑囚本人の意向などを踏まえて決められる。公安当局や警察当局は松本元死刑囚の遺体が、教団から派生・分裂した団体の信徒にとって、信仰対象になることを警戒している。

引用先:朝日新聞デジタル

妻のほか、6人の子どものうち長女と四女を除いた4人の連名、報道によると「死刑囚本人の意向などを踏まえて決められる」ため、四女へ遺灰の手続きが進められている模様
四女の松本聡香は父親の死刑を望み三女の松本麗華は治療して欲しいと願っていた。

三女の松本麗華の治療を望む内容

わたしはただ父に治療を施してもらいたい。
父が何も語れなかったことにより、いわゆるオウム事件の真相もわかっていません。
わたしは父自身の口から、何があったのか聞きたいです。
このままでは、真相もわからぬまま事件を風化させてしまうことになります。
それでは、教訓も得られず、似たような事件の再発も防げません。

出典 後悔 | お父さん分かりますか?

三女と四女は意見がぶつかり合う

たくさんの方が亡くなった、死刑は執行されるべき」という四女
「私だけは父を愛さないと」という三女

四女は三女の書いた本について「デタラメ」と言い切った。

麻原彰晃こと、松本智津夫元死刑囚の家族構成

妻:松本 知子(まつもと ともこ、1958年8月17日 - )


オウム真理教元最高幹部(出版事業を行っていた株式会社オウム社長)にして、麻原彰晃こと松本智津夫の妻。
ホーリーネームはマハーマーヤ、のちにヤソーダラーへ変更となる。旧姓は石井
家庭裁判所への申請を経て松本 明香里(まつもと あかり)と改名
依然として教団への影響力を保っていると報じている。

長女:松本美和 1978年生まれ。

ホーリネームはドゥルガー 教団での地位は正悟師。ならびに流通監視省大臣であった。
【逮捕歴】銃刀法違反/スーパーで万引き逮捕歴あり。
衝突事故を起こし、刃渡り約9.3センチの果物ナイフが見つかったため、長女は銃刀法違反で逮捕された。

次女:氏名不明 1981年生まれ

ホーリネームはカーリー  
【逮捕歴】2000年に三女と長男の連れ去る事件があり、その後逮捕され保護観察処分

 

三女 :松本麗華 1983年生まれ


ホーリネームはアーチャリー。
一時は後継者と呼ばれていたようだが、四女が生まれて、後継者説はなくなった。

【逮捕歴】2000年に三女と長男の連れ去る事件があり、その後逮捕され保護観察処分。
2015年本名 松本麗華としてマスコミに登場
「妹(四女)は家族の元を離れたあと、父からもらったこの宗教的階位を盾に、教団のトップに立とうとしています。」と主張している

2004年には合格した和光大学から入学拒否され提訴。
東京地裁は「入学拒否は違法」と認定し大学に30万円の慰謝料支払を命じた。
後に文教大学に通う
2013年7月よりブログを立ち上げ父への思いを綴っている。
2015年3月20日、地下鉄サリン事件から20年目の日にで手記『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』を出版。現在は次女と長男と暮らす

麻原彰晃の三女アーチャリーのブログ お父さん分かりますか?
http://blog.asahara-kousoshin.info/
松本麗華 facebook
https://www.facebook.com/asahara.sanjo
松本麗華 twitter
https://twitter.com/asaharasanjo

四女:通称 松本聡香 1989年生まれ。

教団の中で最も高いステージである「正報師」の位にあった。
学校からは転入拒否をされ通う事ができなかった。
やっと通い始めてもいじめにあい、校長からも「父親の所行を考慮すれば貴方は死んでも仕方のない人間だ」と発言される。
2003年 教団から飛び出す。江川紹子が後見人となったが後に辞任。
事件当初、幼すぎて何もわからず、後にインターネットで事件を知る事となる。
2010年には松本聡香と言う名義で著書「私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか」を出版。漫画喫茶に寝泊まりする等、他の兄弟とは一線を引いているようだ

被害者にとって事件が終わらないことを挙げて「父の死刑は絶対に執行されるべきだ」。現在は教団との関係を絶ち、家族と離れ生活している
出典:地下鉄サリンから20年 麻原四女「父の死刑は執行されるべき」

「松本死刑囚は一度の死刑では足りないほどの罪を重ねましたが、彼を知る人間の1人として、今はその死を悼みたい」と述べました。さらに、未だ信仰を続けている信者について、「どうか後追いなどしないで早く夢から覚めてほしいと願っています」とコメントしています。

長男: 氏名不明 1992年生まれ。

1992年教団から皇子の称号を与えられる。
四女と同じく学校に通えなかった。
後に学校から受け入れられ通学できることに。友人も出来た模様。
現在は次女と三女と暮す

2014年10月24日、Alephに対し、名誉棄損による損害賠償4000万円の請求、ならびに写真と名前の無断使用の禁止を求める提訴を東京地裁に起こす。訴状ではAlephと密接な関係にあり、教祖になるかのように扱われ大きな精神的苦痛を受けたとした/

次男: 氏名不明  1994年生まれ。

事件当時1歳。
1994年に皇子の称号を与えられる。
春日部共栄中学校に合格したが「麻原の息子」と理由で入学を拒否された。
現在は母親と一緒に暮らす
次男らは、憲法で禁止された不当な差別によって精神的苦痛を受けたとして、共栄中学校に損害賠償を求める訴えを起こした。

愛人:石井久子の子供たち

92年2月に流産
93年12月に双子を出産
95年3月に1人出産
あわせて3人麻原の子供を生む。

犯人隠避などで起訴され実刑判決を受けた。
2000年出所。
その際記者会見し「3人の子供と一緒に静かに暮らしたい」と話したが、一時精神を病んでしまう。父親と二人で生活していたようで、子供たちと暮していたかは不明。

他の子供たちは…

麻原には12人の子供がいたと言われているが、麻原の四女は著書『私はなぜ麻原彰晃の娘に生まれてしまったのか』で父の子供は15人いると聞きました、父は4人の女性に自分の子どもを産ませたそうですと書いている。
四女の著書によれば、教団内に愛人は約100人おり、夜毎尊師の部屋には彼女たちが入れ替わり立ち代り呼ばれたが、その際には妻である松本知子は部屋の前で落ち着きなくうろうろしていた。と語る。

感想

誰に遺灰がわたろうが、いずれにせよきな臭い、麻原彰晃を神格化する為に、盗難や殺害などが今後起こるかもしれない。
このような凶悪犯の宗教指導者はオサマ・ビン・ラディンのように遺灰を海にでもまくことが望ましいと思う。
日本は法律を遵守するあまりに、不合理な問題が山積している。
超法規的措置を恐れずに行って欲しいものである。

ヌルポあんてな

-国内ニュース
-, , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。