Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

海外ニュース

米朝協議 北朝鮮「体制保証が優先」強烈な不満を表明!

投稿日:

北朝鮮の非核化に向け訪朝したポンペオ米国務長官は7月7日、金正恩朝鮮労働党委員長の最側近、金英哲党副委員長との2日間の協議を終え、就任後初めて来日した。北朝鮮外務省は7日、非核化協議に絡み、米国の態度を「実に遺憾極まりない」と批判する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が報じた。ポンペオ氏は多くの点で進展があった」と強調したが、具体策を巡る対立が鮮明になった。過去2回の訪朝で行われた金正恩氏との会談もなかった。

 北朝鮮外務省は、朝鮮戦争の終戦宣言に関する問題などを並行して扱うことを提案したのに対し米側は一方的に非核化だけを要求したと非難した。引用先(共同)

アメリカ ポンペオ氏の報道

「ほぼすべての中心的な問題で進展があった」

「一部はまだ作業が必要だ」と依然溝があることも示唆した。

大きく進展した部分とさらなる取り組みが必要な部分がある。

北朝鮮が約束したミサイル関連施設の破壊に関しても一定の進展があった。

今後の実務レベルでの協議の道筋についても合意した

「非核化の検証」を含む核心的事項に関する複数の作業部会の設置が決まった。

北朝鮮の主張

「完全で検証可能、不可逆的な非核化」や核・ミサイル施設の申告

「一方的かつ高圧的に非核化要求だけを持ち出した」と反発。

米側が朝鮮戦争の終戦宣言問題でも条件や口実を付け、先送りする立場を取ったと批判。「われわれの非核化の意志が揺らぎかねない危険な局面に直面することになった」と警告。

双方の首脳級で合意した新しい方式から、実務家級に任せる古い方式に戻すならば、歴史的なシンガポールでの首脳会談は無意味になる」と作業部会方式への不満も示した。

米国側の態度と立場は実に残念極まりない

「トランプ大統領への信頼は維持している」とも訴えており、決裂を避ける思惑ものぞかせている。

トランプ大統領の中間選挙は11月6日

2018年には米国で中間選挙が行われます。11月6日の米国議会選では435の下院全議席と上院33議席(総議席は100)が改選され、トランプ政権の政策の是非が国民に審判されるのです。(各地で州知事選も開催される)
米国大統領の任期は4年ですが、下院議員の任期は2年、上院議員の任期は6年です。
そして、上院議員は2年ごとに3分の1が改選されるため、大統領任期のちょうど真ん中にあたる時期に選挙が行われます。これが中間選挙と呼ばれ、事実上の大統領への信任投票になっているわけです。中間選挙までに北朝鮮を上手くコントロールできるのか?
北朝鮮はアメリカの中間選挙まで有利に進めたい思惑で、相変わらず最大限の恫喝外交を行っているようです。

北朝鮮はここ数カ月間、核兵器用の濃縮ウランも増産している

米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は26日、21日撮影の商業衛星写真に基づき、寧辺の核施設にある黒鉛減速炉や実験用軽水炉付近でインフラ整備が進み、ウラン濃縮工場も稼働が続いているとの分析を発表した。

 

日朝首脳会談は?

9月11日から13日にロシアのウラジオストクで開かれる国際会議の際に開催する可能性が報じられている。「まだ本格的な交渉が始まっていないため、北朝鮮側は『拉致は解決済み』という従来の原則論を展開し、日本に政策転換を迫っている」。とりあえず、一番強い要求を投げかけて、有利な状況で交渉を始めたいという思惑だろう。

トランプ大統領の怒りが爆発しないことを祈るが、事態は更にわからなくなってきた。

-海外ニュース
-, , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。