Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

国内ニュース

【緊急SOS】災害時に役立つiPhoneの機能

投稿日:

浸水や土砂災害により、取り残されたり閉じ込められたなど緊急事故など。こうした災害時に有効なのが、iPhoneの緊急SOS機能。iOS 11から搭載されたものだが、今あらためて注目を集めています。

iOS 11 の緊急 SOS を使えば、すばやく簡単に緊急電話をかけて助けを求め、緊急連絡先に知らせることができます。

緊急SOSとは、Appleが公式に追加した機能で、iPhoneのスリープボタンを5回連打すると、警告音が鳴り、119や110などの緊急通報用電話番号に発信されるもの。同時に位置情報が自動的に発信先に送られます。

iPhone から SOS で電話をかけると、自動的に現地の緊急通報用電話番号にかかります。国や地域によっては、必要なサービスを選択しなければならない場合があります。たとえば、中国では、警察、消防、または救急から選択できます。 

別途、家族などの緊急連絡先を登録すると、通報後に、この連絡先へ自分の位置情報がテキストメッセージで送られます。普段、位置情報を切っていても、一時的に「オン」の状態になるので、特別な設定はいりません。また、自分の所在地が変わると、そのつど最新の位置情報が指定した緊急連絡先に送られます。

緊急連絡先を追加することもできます。緊急電話が終わったら、特にキャンセルするように選択しない限り、iPhone は指定の緊急連絡先にテキストメッセージで通知します。緊急連絡先には、iPhone の現在地、SOS モードに入ってからの経過時間などが送信され、現在地が変わったらそのつど最新情報が届きます。

設定方法は極めて簡単です。

「設定」>「緊急SOS」>「自動通報」をオンにするだけ。このとき、「カウントダウンで音を出す」を選択すると、冒頭のな警告音が鳴るようになります(これは任意なので、設定しなければ無音)。

実際にスリープボタンを5回押すと、警察、海上保安庁、救急車が画面上にでてきます。

なお、iPhone 8 / Phone X以降は「5回連打」の他に「スリープボタン+音量ボタン長押し」でも緊急SOSモードに対応します。Twitterでは「自分の位置を公的機関に伝えるのにも使える」と話題になっています。

ヌルポあんてな

-国内ニュース
-, , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。