Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

海外ニュース

【米朝】遺骨返還協議、北朝鮮側が姿を現さず!トランプ親書をtwitterで公開

更新日:

北朝鮮がまたドタキャン!12日午前10時、板門店(パンムンジョム)共同警備区域内で
米兵の遺骨返還協議を進める予定だったが姿を現さず!

トランプがシンガポールの米朝会談を一度キャンセルしたのは、北朝鮮側が核施設検証委員を受け入れず事前協議をドタキャンした為。二度目のドタキャン!
トランプ大統領の顔に泥を塗る!
「トランプは怒りをこらえてるか、予定通りとほくそ笑んでいるか?」
トランプ大統領はtwitterで、まだこの事に触れていないが、「シンガポールの米朝蜜月は終わった…ポンペオ、手ぶらで帰る」と現地報道されているので、この問題に触れない訳はないだろう。遺骨返還を待ち望んでいる遺族を無視することはできないはずだ。

写真 ポンペオ長官と北朝鮮高官 AFP PHOTO

遺骨と言えど得意の人質外交がトランプ大統領に通用すると思ったら大間違えだ。

日朝首脳会談は9月11日から13日ロシアのウラジオストクで開かれる国際会議の際に開催する可能性が報じられているトランプ大統領の中間選挙は11月6日それまでは何も無いだろうと予想していたが、2度目のドタキャンと強い不満を表明した北朝鮮。トランプ大統領は、必ずなんらかのアクションを起こすだろう。南北統一になれば韓国政府は北朝鮮主導を望んでいて、中国、ロシアは大歓迎!アメリカは?望まないだろう、歴史上、何度も裏切り金ファミリーを抹殺する最後のチャンス。アメリカは対話を試みたが、北朝鮮が誠実に応じなかったと突然奇襲攻撃を行う事もありうるだろう。都合の良い事に米空母は東シナ海のパトロールを口実に2ヶ月に一度行っている。2017年11月のように日本海に3隻もの米空母が集結するようなことがあれば再びキムは震え上がるだろう。

米空母の現在位置は?

最新の米空母は軍事機密だが先進国であればリアルタイムで把握している、
一般市民が比較的最近の停泊位置を知る方法は以下のサイトで知ることができる。
MAPS & CONFLICTS DATEBASE」1隻は東シナ海、もう1隻はグアムから日本に向け近ずいている。


軍事力でアメリカに台頭する中国、歴史的地政学的に考えても叩くならここ数年しかチャンスはないと考えるのは素人でもわかる。

駐韓米国大使が1年半の空席からようやく最近就任

写真(共同)より

駐韓米国大使襲撃事件から1年半も空席だったが7月7日にハリー・ハリス氏が7月7日に着任した。有事が起こる可能性が差し迫ったのか?北朝鮮と交渉を進めるべきだとは思うが、飛車を繰り出し王手を狙うつもりだろう。ハリス氏は1956年、神奈川県横須賀市で米海軍軍人の父と日本人の母の間に生まれた日系2世。アジア系米国人として初の海軍大将となり、太平洋艦隊司令官、太平洋軍司令官などを歴任した。

7月12日ホワイトハウスは「あり得る限り最悪」の展開と受け止める

CNNの報道によるとポンペオ米国務長官による先週の北朝鮮訪問について、ホワイトハウスが「あり得る限り最悪」の展開になったと受け止めていることが12日までに分かった。

北朝鮮は時間を浪費するばかりで、事態を前進させることに真剣でなかった」と指摘。さらにポンペオ氏が北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との面会を事前に約束されていたことに触れ、会談が実現しなかったことで大きなメッセージを送る結果になったとの見方を示した。また、米科学者連盟の上級研究員アダム・マウント氏は「今となってはこのアプローチが行き詰っているのは明白だ」と主張した。ホワイトハウスは完全な武装解除など高い目標を見据えているが、「北朝鮮にその気がなく、そういった方向に踏み出す必要性もほとんど感じてないのは明らかだ」としている。CNNより

韓国の文大統領はのんきに「年内の朝鮮戦争終戦宣言に向け米朝と協議中」と11日に報道

米国は平和体制の前の段階に当たる終戦宣言を北朝鮮の非核化に対する「相応の措置の一つ」と認識しているため、終戦宣言だけを非核化交渉から分離して進めるのは無理がある。
相変わらずの妄想で現実が見えていない

 

正恩氏へRocket Manのプレゼントは不発に?

トランプ大統領はポンペオ国務長官が北朝鮮を訪れた際、正恩氏にエルトン・ジョンさんの「ロケット・マン」のCDを準備していた。今回は金委員長とは会談できず、CDは渡されなかったということ。ミサイル発射を繰り返した金委員長を「リトル・ロケットマン」と呼んで非難していました。CNNによりますと、シンガポールでの会談でトランプ大統領が「ロケットマンと呼ばれるのは嫌か」と尋ねたのに対し、金委員長は「構わない」と答えたということです。

コケにされたアメリカ、数日中に怒りを表すだろうと思ったら?

7月6日にポンペオ国務長官が北朝鮮を訪れた際、正恩氏から預かった親書をtwitterで公開した。「大統領への信頼がさらに強くなることを願う」などと記されていて、両国の関係改善が順調に進んでいることを強調する狙いがあると見られます。先月の米朝首脳会談について、「意義深い旅の始まりとなった」としています。 そのうえで、「今後の実践過程で、トランプ大統領への揺るぎない信頼がさらに強くなることを願うとともに、両国の関係改善が私たちの次回の会談を早く実現してくれると確信している」と記しています。親書を公開した際、トランプ大統領は、「物事は飛躍的に前進していると投稿しました。 アメリカ国内では、米朝首脳会談で合意したアメリカ兵の遺骨の返還に向けた協議が実現していないことなどから、ここにきて、米朝の協議は難航しているという見方が強まっています。 こうした中、トランプ大統領としては、キム委員長から親書を受け取ったことを明らかにすることで、両国の関係改善が順調に進んでいると強調する狙いがあると見られます。

北朝鮮はここ数カ月間、核兵器用の濃縮ウランも増産している

米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は6月26日、21日撮影の商業衛星写真に基づき、寧辺の核施設にある黒鉛減速炉や実験用軽水炉付近でインフラ整備が進み、ウラン濃縮工場も稼働が続いているとの分析を発表した。

ヌルポあんてな

-海外ニュース
-, , , , , , , , , , , , , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。