Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

海外ニュース

2018年のiPhone写真賞の受賞者発表 大賞はiPhone7で撮影

投稿日:

iPhone・フォトグラフィー・アワード(IPPAWARDS)は、第11回年次賞の受賞者を発表しました。
今年の受賞者は、世界140カ国以上からのiPhoneのカメラマンが提出したエントリの数千人から選ばれました。
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)も、祝福のメッセージを送っています。

11回目を迎えたiPhone限定の写真コンテスト

大賞はロヒンギャ難民キャンプの様子
2018年のIPPAWARDSのトップ、大賞に輝いたのは、バングラディシュのジャシム・サラム氏がiPhone7で撮影した「Displaced(難民)」でした。
難民キャンプで、健康や衛生についての教育ビデオを観る、ロヒンギャの子どもたちを写しています。

「今年のフォトグラファー」1位はブラジルで撮影

「今年のフォトグラファー」1位になったのは、スイスのアレクサンドレ・ウェーバー氏がブラジルに旅行した際、iPhone6sで撮影した「Baiana in yellow and blue」です。

「旅行」部門1位はモンゴルで撮影

ティム・クックCEOのツイートに引用されていた作品は、「Travel(旅行)」部門1位になった、日本とフランスを拠点とするアナ・アイコ氏がモンゴルでiPhone6sを使って撮影した「Silk Road」です。

各部門の入賞作品が公開中

IPPAWARDSには、「Animal(動物)」「Nature(自然)」「Architecture (建築)」など、18の部門があります。
公式Webサイトには各部門の入賞作品が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

2019年の作品を募集中

IPPAWARDSは現在、2019年の応募作品を募集しています。応募締め切りは2019年3月31日です。
対象はiPhoneまたはiPad、iPod touchで撮影された未公開作品で、FacebookやInstagramの個人アカウントに掲載した作品は応募可能です。
撮影や加工にiOSアプリを使用することはできますが、Photoshopなど、デスクトップアプリで加工された作品は対象外です。
使用するiPhoneのモデルは自由で、iPhoneに外付けレンズを取り付けた撮影も可能です。
我こそは!という方は、応募してみてはいかがでしょうか。
引用先:iPhone Mania

以下リンク先の下部に日本語の翻訳ページもあります。

の受賞者の大賞受賞写真家は、iPad Proを受けます。イヤー賞の受賞者の第一、第二位と3位写真家は、それぞれのAppleウォッチスポーツが授与されます。
各カテゴリで1位を受賞したゴールドバー第2および第3位受賞者にはそれぞれ、世界で最も有名な民間の金のミントからパラジウムやプラチナバーが授与されます。

Winners of the 2018 iPhone Photography Awards Announced

-海外ニュース
-, , ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。