Global News

Global Newsは国内外のニュース、建築、インテリアデザイン、政治、芸能、健康、日常の出来事まで幅広く更新します。

フォローする

国内ニュース

新菌種【ブルセラ症】に長野県の家族4人が感染 2例目疑い

投稿日:

FNNよりキャプチャー

長野県在住の40代女性が、新菌種人獣感染症ブルセラ症」に感染し、女性の子供3人も相次いで感染していたことが24日、国立感染症研究所への取材で分かった。新菌種のブルセラ症には同県在住の男性が初めて感染していたことが5月に判明しており、今回で2例目。家族間で感染が広がったことに、感染研は「感染源が同じとみられるが、人から人への感染は考えにくい」としている。

 感染研によると、女性は今年1月、高熱を発して近くの病院を受診。解熱剤の処方で改善傾向を示したものの、2月に再び発熱し、関節痛にも見舞われた。血液などの検体を調べた感染研は、これまでにないブルセラ属菌種であることを確認した。

 女性の娘と2人の息子にも同様の症状が見られ、検査でブルセラ症を疑わせる結果が出た。家畜によるブルセラ症の菌は海外から持ち込まれるが、女性に渡航歴はない。自宅では猫を飼育していた。

 最初の感染例である長野県の男性と女性の自宅は離れており、感染源は異なるとみられる。感染研は「土着の感染源が顕在化したかもしれない」として今後、感染経路などを調査する。

引用先:産経ニュース

ブルセラ症とは

ブルセラ症ブルセラ属菌による人獣共通感染症である。食料や社会・経済面のみならず、共同生活者としても動物への依存度が強い国や地域では、いまだに重要な感染症の一つである。 一方、多くの工業国では動物のブルセラ症対策が行き届いた結果、ヒトのブルセラ症も減少した。 これらのことは、ヒトのブルセラ症の発生が保菌動物の存在に依存していることを示している。

臨床症状
 潜伏期間は通常1~3週間であるが、数カ月に及ぶ場合もある。症状は他の熱性疾患と類似しているが、筋肉骨格系に及ぼす影響が強く全身的な疼痛感倦怠感衰弱およびうつ状態と、 持続的、間欠的、または不規則な発熱が見られる。一部では泌尿生殖器の症状が顕著である。
 症状は軽症で自然治癒する場合もあるが、重症化することもある。病気の期間は2~3週間から数カ月間である。
引用先:国立感染症研究所より

FNNよりキャプチャー

ネットの反応

4名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:50:27.75ID:LtR6zomf0
俺もある意味ブルセラ症

6名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:51:13.85ID:u1oiVC0I0
感染してから30年経つわ

7名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:51:34.77ID:f253haRR0>>77>>97
>>4-5
あ、それは治らないんで。

10名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:52:36.69ID:QDERcNIz0
エロい

14名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:54:13.83ID:cmYjrX5k0
この病気でだけは死にたくない

17名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:54:40.70ID:ecSVdNaX0
人と獣で何かしちゃったのか?

23名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:56:28.30ID:kL2ufka30
俺、先天性かも

34名無しさん@1周年2018/07/25(水) 06:58:56.99ID:QhYawFIh0
ブルマにセーラー服症

-国内ニュース
-, ,

Translate »

Copyright© Global News , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。